3.販売開始

点字楽譜は、19世紀にアルファベットの点字とほぼ同時に考案されたもので、世界統一規格もできています。しかし文書化された資料よりも楽譜のバリエーションが多すぎて、規則を決めていくのに苦労しました。未だにそれは続いています。

続いて国の他の外郭団体の公募にも採択され、点字楽譜の指導もされているピアニストの方のご協力も得て、やっと最初の製品発売ができたのが、2000年8月でした。当初は点訳者向けに開発し始めたソフトですが、教えていただいたピアニストの方に確認いただけるよう、音声出力ソフトへも対応しました。これが功を奏し、視覚障がい者の音楽制作者の方からも、多数ご利用いただいております。

演奏の音色設定、MIDIファイル出力、点字ディスプレイ対応などを拡張し、ユーザの方のご要望に育てられながら今日に至っています。

本文終わり