◆製品

 

1. 製品一覧

ビースコアシリーズには、現在3種類の製品があります。

  1. ビースコアX V4 (ダウンロード)
  2. ビースコア V4 (ダウンロード)
  3. ビースコア V3.11 (ダウンロード)

製品ごとの機能の違いは次の表のとおりです。

消費税率変更に伴い、価格を改定しました。

製品名

ビースコア

     X V4

 ビースコア

V4

ビースコア

v3.11

価格(税込)

22,000円

11,000円

8,800円

OS *1)

7,8, 8.1, 10

7,8, 8.1, 10

XP,Vista,7,

8, 8.1

楽譜演奏

音楽記号入力

6点入力

点字出力

歌詞入力

コード入力

BASEファイル出力

BASEファイル入力

MusicXML *2)

Import

MusicXML *2)

Export

音楽レベル・レイアウト自動変更
  • ソフトは日本語以外の言語には対応しておりません。日本語以外の言語のOSでは、使用できません。
  • ファイルは上位互換性があります。(v3.11で作成したファイルは、V4で読み込めます。逆は不可)

*1) Windows7以降について

  • ビースコアは、管理者権限で起動する必要があります。(詳しくはこちらをご覧ください)
  • Windows10でPC-TALKER10起動中にリストウィンドウを開くとプログラムが終了する問題が生じていました。(ビースコアV4.560以降は解消しています)

*2) MusicXMLとは

現在の主要な楽譜作成ソフト(Finaleなど)で入出力できる、楽譜の共通データ仕様。

◇ビースコア(X)V4 主な改訂内容

  1. 曲想用語のカッコを②③⑤⑥の点から、③④⑤の点に変更しました。(新国際点字楽譜表記解説に準拠)
  2. Delキーを押したときの読み上げは、削除した記号ではなく、現在のカレット位置の記号としました。
  3. 楽譜の初期設定(2)、(3)画面の入力項目を拡張しました。言語の「日本語・英語」の選択は、ヘッダ部と歌詞の言語に対応します。
  4. 前記号に「弦番号」を追加しました。
  5. 「ツール」メニューの「拡張モード オン/オフ」はやめ、常に拡張モードとしました。
  6. 「楽譜記号」メニューを「楽譜記号」・「一般記号」メニューに分けました。
  7. 「翻訳」メニューに「すべて仮翻訳にする」を追加しました。
  8. (ビースコアXのみ)「ファイル」メニューに「MusicXML Import,Export」、「編集」メニューに「楽譜レベル・レイアウト自動変更」を追加しました。

 

2. ご購入方法

※ご購入の際には「アプリケーションID」が必要です

ビースコアシリーズの製品は、まず、3か月の無料お試し版をダウンロードし、インストール後、ご購入ください。

ご購入の際に必要な「アプリケーションID」は、ビースコア(X)を起動してヘルプメニューのライセンス情報を開くと表示されます。「アプリケーションIDをクリップボードにコピー」というボタンを押し、購入画面、またはメールに、Ctrl+Vキーを押して張り付け、お送りください。

ソフトは日本語以外の言語には対応しておりません。日本語以外の言語のOSでは、使用できません。

  

(1) ビースコアX V4のご購入

ビースコアX V4 ライセンス

¥22,000

  • 即ダウンロード可能

  

(2) ビースコア V4のご購入

ビースコア V4ライセンス

¥11,000

  • 即ダウンロード可能

  

(3) ビースコア V3.11のご購入

ビースコアV3.11ライセンス

¥8,800(税込,事務手数料1,100を含む) 

 

ビースコアV3.11のライセンスは、現在、オンラインでのご購入はできません。

詳しくはこちらへお問い合わせください。

 

  

3. 著作権について

ビースコアシリーズには、現在3種類の製品があります。製品ごとに著作権が異なります。

 

1. ビースコアX V4以降

ビースコアX V4以降に関する著作権は、情報処理振興事業協会(Information-technology Promotion Agency, Japan :IPA)、株式会社マイクロ・シー・エー・デー(Micro CAD Co.,Ltd.)、および村上恭子にあります。また、MusicXML*1)のImport/Export機能と楽譜レベル・レイアウト自動変更機能の一部の著作権は横浜国立大学にあります。

2. ビースコア V4以降

ビースコア V4以降に関する著作権は、情報処理振興事業協会(Information-technology Promotion Agency, Japan :IPA)、株式会社マイクロ・シー・エー・デー(Micro CAD Co.,Ltd.)、および村上恭子にあります。

3. ビースコア V3

ビースコア V3に関する著作権は、情報処理振興事業協会(Information-technology Promotion Agency, Japan :IPA)、および株式会社マイクロ・シー・エー・デー(Micro CAD Co.,Ltd.)にあります。

 

なお、ビースコアシリーズには、新エネルギー・産業技術総合開発機構(1994?1996年)(New Energy and Industrial Technology Development Organization : NEDO)、

(財)ニューメディア開発協会(New Media Development Association : NMDA)、

および(財)テクノエイド協会(Association for Technical Aids:ATA)の助成・委託を受けて開発した機能が含まれています。

 

ビースコアの音声出力機能には、高知システム開発(株)のPC-Talker、(株)システムソリューションセンターとちぎの95Reader、および(株)スカイフィッシュのFocusTalk、ピンディスプレイ表示機能にはケージーエス(株)のKGS点字デバイス・コントローラを利用させていただくと共に、技術的にご協力いただきました。

*1) MusicXMLとは

現在の主要な楽譜作成ソフト(Finaleなど)で入出力できる、楽譜の共通データ仕様。

本文終わり